「オーガニック」に隠された罠

こんにちは!

またまた久しぶりになってます、猪島です!

今回は「オーガニック 〜(なんちゃら)」についての話しをします。

この「オーガニック」って良く聞きますが、実際なんなの?

って、話しだと思います。

この「オーガニック」というのは有機栽培の意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことを指します。

そして、「オーガニック化粧品」。

これが、今回の本題なのですが。

商品名やキャッチコピーに「オーガニック」を謳ってても正直「どこが?」と言うモノが多過ぎます。

海外(フランス、ドイツ、オーストラリアなど)は、化粧品に限らず食品などにおいてもオーガニックの基準を国家レベルで監視していて。スキンケア用品がオーガニックとして呼ばれるためのとても厳しい基準をクリアするために、相当な企業努力をしています。

いまだに日本にはオーガニックを認定する基準がなく(化粧品には化粧品基準等がある)、「添加物を使用しているが、植物由来の成分を使っている。」という理由だけでオーガニック化粧品として販売しているところなどもある。

主張は化粧品会社により異なるが、以下のような宣伝文句があります。

  • パラベンフリー
  • フェノキシエタノールフリー
  • 安息香酸Naフリー
  • アルコールフリー
  • シリコンフリー
  • ミネラルオイル(鉱物油)フリー
  • プロピレン グリコールフリー
  • オイルフリー
  • 動物実験はしない

自然との調和と化学的なもの(または、コストは低く済むが肌には悪影響を与えるような成分)は使わないというものが多い。

なんかぼんやりしてるんですよね。

日本のメーカーにも、国際的な基準に沿って添加物を全く使用していないなどの徹底的な措置を自主的に採っている企業もありますが、まだまだそのリテラシーは低いです。

正直、こんな中途半端な内容でオーガニックとか言うなら言わない方がましだと思うし、オーガニックと言うからにはそれなりのものを作ってもらいたいです。

オーガニックの植物原料由来の成分を合成化学洗浄剤に配合して「オーガニックシャンプー」はちょっと。。。

って感じです。

まあ、完全なオーガニック製品の良さ、悪さってのもあるのでこれも偏にはいえませんがね!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック