猪島が語る! 正しい美容室の利用方法 その3

皆さん今晩は!



素敵な毎日過ごしてますか?



ぼくは、、



まぁ、それなりに過ごしてます!





という事で今回は「猪島が語る! 正しい美容室の利用方法 その3」と銘打ちまして、実際美容室に行ったら、あんな要求や、こんな要望をスマートにする方法です。





何のこっちゃ? と、若干、解りにくいかとは思いますが簡単に言うと、「シャンプーの時、力加減や、お湯の温度を言いにくい。。。」様な事をしっかり伝えちゃいましょう!





っていう応援です。w





基本的に、美容室はお客様に直接触れる職業ですので、普通の接客業に比べて、不快感を感じやすいのです。



(逆に、気持ちのいいマッサージをしてくれたり、カット中に髪を触られてたりすると、気持ちよかったりしますよね♪)





僕の思う美容室像は「お客様との相互関係の上に成り立つ美容室」ですので、基本的には、お客様の口から言われた事は、早期改善をモットーとしております。



しかし、基本的にお客様から頂く要望は、実にシンプル。



○ シャンプーの力加減やお湯加減



○ お茶のおかわり。



○ マッサージの力加減や、場所。



○ カウンセリング時に、仕上がりのスタイルの事などです。



実際にお客様の声からメニューになったモノもあります。



「+マッサージ 5min〜」とか、「まっすぐトリートメント」などなど。



雑誌の要望なんかも時々ありますよ☆



4年近くお店をやってきて思った事は、「自分のお店だけど、作り上げているのは自分だけでなく、お客様もお店作りに参加されているんだなぁ。」



という事ですね!





本当に、素敵な思いをさせていただいて僕は幸せ者です。



ちょっと、脱線しちゃいましたが、要望は、変な事(悪ふざけ的だったり、猥褻だったり。。。)でない限りした方がいいという事ですね。w



それではまたっ!


  • 2009.09.10 Thursday
  • 18:44
  • by

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック